読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドグラのTRPG日記

TRPGをキッカケにして自分の人生を豊かにしたいと考えています

冷めたスープとシナリオイベント

TRPG シナリオ作成 マスタリング

あいさつ

どうもドグラです!
最近めっきり更新が途絶えてしまいました。というのも、2月は思うように筆が進まず、書いては消しの泥沼にはまってしまい、ブログを更新するどころの話ではありませんでした。3月は逆に筆が進みすぎて、シナリオ作成とテストプレイにかかりきりになってしまいました。
そして、4月。ようやく落ち着いてきたので記事を更新いたします。

 

結婚式の思い出

f:id:doguraz:20160405205919j:plain

さて、最近私、結婚式に出席してきました。
もちろん、祝われる方ではなく祝うほうで。
その時、フカヒレスープが出てきたんですよ。フカヒレスープ。

美しい琥珀色、味わい深い中華のダシ、プリプリとしたフカヒレの歯ざわり……

テーブルに運ばれてきた瞬間、舞い踊るような気持ちになりました。
しかし、ここで思わぬサプライズイベントが発生。

それは、結婚式の会場から庭へ移動してのレクリエーションイベント。

海産物の描かれたマグネットつきのカードを、同じくマグネットのついた竿で吊り上げる、フィッシングを模した参加者対抗型のゲームです。

結論から言いますと、
ものすごく楽しいイベントでした!

みんな白熱していたし、なにより新郎新婦が素敵な笑顔を浮かべていたんです。自分も年甲斐もなく熱中し、魚にイカとガンガン釣り上げていました。

さて、
楽しいイベントが終わり、一つ忘れていたことを思い出しました。

そう、フカヒレスープです。

私は会場に戻ると、さっそくスープをすすりました。
しかし、スープの運ばれてくる時間とイベントがちょうど重なったがために、すっかり冷めて味気なくなっていたんですよ。
致し方がないことはいえ、少し残念な気持ちになりました。

 

TRPGでも同じようなことあるんじゃない?

f:id:doguraz:20160405210928j:plain

ということがあった日の夜。
色々考えを巡らせていたら、一つ思いあたることがありました。

「自分のセッションでも『冷めたスープ』を出していないか?」

クトゥルフアマデウス、FEAR系ゲーム、大体のシステムで、セッションの導入部分、依頼人との会話や状況説明が終わると、プレイヤーは調査という名の自由行動を行います。このタイミングでPCは、酒場で人探しをしたり、情報項目を手に入れるための判定をしたり、発言の揚げ足をとって反逆者を処刑したり、と様々な行動をとることが可能です。しかし、いわゆるフラグを踏む等、特定の条件を満たすと、シナリオイベントが発生しますよね。このイベントの発生状況によっては、プレイヤーが「やりたい!」と思っていた行動に水を差してしまうんじゃないかと思うんです。

「キャラ作成の段階から相談していたPC同士のラブコメロールを行おうとしたところ、突然目の前にドラゴンが現れた。こいつとの戦闘はとても熱く、みんなで盛り上がることができたけれど、最初に考えていたラブコメをする意欲は失せてしまった」

自分がゲームマスターをするとしたら、プレイヤーがやりたいと思っているアイデアはどんどん実践させてあげたい。しかし、シナリオで準備した熱い展開も楽しんでもらいたい。どうにかしてこの2つの点を両立したいと思ったんですよね。

 

考えては見たけれど……

f:id:doguraz:20150928192803j:plain

それで、空いた時間を使って色々考えてみたんですけど、情けないことに答えは出ませんでした。
プレイヤーのやりたいことを絶対条件にしてイベントの発生を止めてしまうと、新しい情報を渡すことができなくなりセッションが止まってしまう。自由行動とイベントのバランスこそが重要だと思うんですが、それを図るための尺度や構造設計みたいなものが、今の私の実力では出てこなかったんです。
これからの自分のセッションで考えていくべき課題がまた一つ増えた瞬間でした。

追伸

もしよろしければ、この課題に対するご意見やアドバイスをいただけると嬉しいです。
ブログのコメント欄、ツイッター、リアルで直接等、連絡手段は何でも構いませんのでお待ちしております。

 

よろしければ、こちらの記事もどうぞ

doguraz.hatenablog.com