読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドグラのTRPG日記

TRPGをキッカケにして自分の人生を豊かにしたいと考えています

トーキョーNVA THE AXLERATIONのRL(GM)をやった

高校時代からのライフワークであるTRPGを、小学生のころから縁のある地元の友人が帰省することがきっかけとなって、また遊ぶ準備を進めていた。

シナリオ自体はちょうど去年の夏ごろに書いた、アメリカC級アクション映画を下敷きとした、いわゆるおバカアクションもの。

 

今回、シナリオの説明をする際に、プレイヤー陣へ『おばかアクション』ということを過剰に伝えてしまった事が原因となったのか、『ある程度の常識があるPCがイカれたNPCを殺す為ぶっ飛んだことをする』展開から、『イカれたPCたちがイカれたNPCと仲良く絡んで殺しあう』よく分からない展開へと変貌していた。

 

まぁこれはこれで皆で物語を作り上げるというTRPGの根本的な目標を達成しているので面白かったといえば面白かったのだが、 トーキョーNOVAを4版から始めて3桁以上のセッション回数を重ねている自分でも体験したことの無いようなカオス状態が発生してしまい、正直面食らっている。

 

これは考えすぎなのかもしれないが、最近TRPGに限らず色々な事を平行して行う機会が増えてきて、一つ一つのことが雑になってきている事が原因のような気もする。

今回のセッションを事前の準備からより良いものにするのなら、失敗する確率の高いシナリオなど使うのではなく王道的な丸いシナリオを新規で用意したほうが良かったのかもしれないし、キャラクター作成を当日にするのではなく事前に行って丸いキャラクターをプレイヤーへ促しておいても良かったかもしれない。

 

まあどのような事が原因であるにせよ、雑に生きて良い事なんて何も無いだろうので、ここはもう一度帯を締めなおし、今後の生活へ生かしたいと思った27歳の夜。